HOME>注目記事>専門知識のある査定員がどんな品物もチェックします

査定には知識が必要

金塊とアクセサリー

不要になった物を買取したい場合、京都の質屋や買取専門店にリサイクルショップを利用するでしょう。物の買取に関していえばこれらは同じ仕事をする店舗といえます。物の買取といっては様々な種類があります。取り扱う品物によってお店はすみわけされているといえます。リサイクルショップなら身近な日常品が多いでしょう。家電製品・本・楽器・ゲームなどを買取し、店で販売することが多いです。それに対して質屋や買取専門店が取り扱う品物は違います。例えば高級なブランド品や宝石、時計など高い価値があるものです。査定額をつける場合は詳細の知識が必要となり、経験や訓練を積んで見分ける必要が出てきます。特に宝石は査定価格を付けるのが難しいです。

価格が決まる仕組み

買取をしたいなら少しでも高い金額のほうがいいかもしれません。京都の質屋と買取専門店ではどちらが高いかは、店舗の方針や査定員で決まるので一概には言えません。しかし、品物の査定額には一定の基準は存在します。それは業者専門のオークション価格を基準としています。専門のオークションは古物営業許可を持ったプロのみが参加できます。規模は小さいものから大規模なオークションまであります。常にたくさんの品物が取引されるので商品やブランドごとに相場が結成されます。例えば同じ腕時計でも文字盤の色・製造年・状態などによって落札される金額が出来上がってきます。こうした事例をもって査定価格に反映させています。

価格がみな同じになるわけではありません

落札価格によって価格はばらつきが出ます。オークションにはバッグが安くても宝石が高いケースや反対のケースもあります。多くのオークションを参加した経験がある京都の質屋なら高い査定額が出る可能性があります。また、オープンしたばかりのお店も金額が高い傾向にあります。最初は商品を少しでも多く集めたいので見かけたら査定で出してもいいかもしれません。反対に安くなる傾向としては色々な買取方法を展開しているお店となります。宅配や出張買取は便利ですが、その分スタッフの派遣などにコストがかかります。価格はこれらのコストから差し引かれるので高い価格を狙うなら避けたほうが良いかもしれません。

広告募集中